西式健康法とは

1927年、故西勝造(1884-1959)により、西式健康法として提唱されました。

土木技師で、日本最初の地下鉄(銀座線)の設計責任者としての専門分野である土木工学・構造力学の考え方を応用し、人体を構造物として捉えなおし、考案されたのが西医学です。

– 様々な医学(西洋医学、漢方、鍼灸、ヨガ、カイロプラクティック、指圧等)や栄養学に基づく362種の健康法を研究・実践した結果から、健康法として体系化されました。

– 食事・栄養、運動、入浴、美容、睡眠など対象分野は広く、誰でも自宅で簡単にでき、確かな効果がある健康法として今もなお根強い人気があり、健康や医療の世界でも広く参照されています。

 

西式健康法をもとに治療にあたられた、故甲田光雄医師(1924-2008)によって、最新の医学や多数の臨床経験をふまえ、より効果的かつ取り組みやすいよう再編されたものが甲田式健康法(甲田療法)です。

– 戦後、急激に増えた生活習慣病についても、その予防法と対策としての西式健康法の考え方や実践方法について一般の人々に分かりやすく解説された多くの本が出版されています。

– 難病治療の成果が大きく注目されていますが、医療や健康法に留まらず、食糧問題や環境問題を解決するために現代人が心がけるべき生活習慣としても強く推奨されています。

 

オススメ書籍

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)
マンガでわかりやすく、実践していくうえで必要な情報は網羅されているので、まず始めに読まれるのにおすすめです。

甲田式健康道 決定版―心と体の宿便を出せば、すこやかに長生きできる! (ビタミン文庫)
マンガより文字が好きな方はこちらを。宿便の害など基本的な考え方と、この健康法のエッセンスがシンプルにまとまっています。

 

関連リンク

西式健康法 西会本部

西式健康通信

医師 甲田光雄 ラジオ深夜便 
ラジオ深夜便・こころの時代 「身体の不思議=もう一つの健康観」(1)
*全部で6つのファイルに分かれています

始めて西式甲田療法に触れる方でも分かりやすいように、易しく語られていますし、甲田先生の実際のお声でユーモラスたっぷりに語られているので、とても親しみやすく、楽しく聞くことができます。

 

その他

現在、西医学司教会ホームページを作成中です。
そちらでは、西式健康法について、しっかりお伝えするコンテンツを掲載予定ですのでお楽しみに♪!

    banner_blog banner_online

おすすめ書籍